【超初心者WEBビジネスSEO入門】「検索キーワード」ってなんなの?

こんにちは! ナカヤンです!

WEBビジネスをやるにあたっては、いわゆるSEOがとても大切だといわれます。

SEOとはそもそもなにか?については、こちらの記事にしました。

 

【超初心者向けWEBビジネス入門】アフィリエイト:SEOってなに?必要?
こんにちは! ナカヤンです! 今回は、WEBビジネス、特にアフィリエイトの際の「SEO」について、ナカヤン流に述べてみたいと思います。 細かい知識よりも、ザックリとしたイメージを掴んでいただけるように語りますので、「アフ...

 

今回は、そのSEOの中でも特に重要といわれている「キーワード」とは、そもそもなんなのかというお話です。

 

WEBビジネスにおける「SEO」とは(ナカヤン流解説)

私がWEBビジネスでアフィリエイトをはじめたとき、SEOはほぼ完全に無視していたことは、上記の記事で書きました。

無視していた私ですが、ビジネスの師匠にアドバイスをもらうようになって、遅ればせながら、その重要性に気づかされたのがSEOだったわけです。

 

上の記事に書いたように、SEOをナカヤン流に解釈すれば、それは

Googleにいかに気に入られるかの手法

といえると思います。

 

 

ナカヤン
ナカヤン

結局、相手は人間でなくロボットなわけです。

なので、まさに機械的に判断してくるわけですね。

 

 

WEBビジネス超初心者の方に解説しますと、サイトを公開すると、「ロボット」とか「ボット」とか「スパイダー」と呼ばれるプログラムがサイトを巡回するようになるわけです。

そこでサイトの中身を判断し、優先順位をつけて、それが検索結果に反映されるという仕組みなんですね。

「ロボット」といってもターミネーターみたいなのが巡回するのでなく、正体はプログラムなんですけども。

 

で、そのロボットが、どういう基準で判断をしてるのかは、Googleも公表していません。

それをもとに不正を働く人たちもいるでしょうから、秘密になってるわけですね。

 

ナカヤン
ナカヤン

なので、そのロボットをいかに納得させるかがSEOなんだと私は解釈してるわけです。

 

前にも書きましたけども、「納得させる」といっても、Googleがなにか無理難題を押し付けてきたり、理不尽な要求をつきつけてきているわけではありません。

ユーザーにとって有益な情報を提供する優良なサイトを、Googleは高く評価するだけです。

極めて自然なことだと思います。

 

ですので、Googleを納得させるためには、有益な情報を提供する優良なサイトを目指せばいいわけですね。

ですが、相手はロボットなので、「このサイトのコンテンツに感動した!!!(涙)」とかはないわけでして。^^;

 

 

ナカヤン
ナカヤン

あくまでも、ロボットは数字で判断してくるわけです。

そこを納得させるために必要なのがSEOっていうことになります。

 

 

SEOで「キーワード」が重要とされる理由

で、そのSEOでとりわけ重要だとされているのが、「キーワード」なんですね。

キーワードっていうのは、ユーザーがあることを知りたい際に、検索窓に入れる単語やフレーズのことです。

適切なキーワードが多く含まれているほど、Googleの検索結果に出やすくなるわけです。

 

で、そのキーワードで多くの人たちが訪れるようになるほど、優良サイトと判定されやすくなるわけですね。

 

ナカヤン
ナカヤン

これがすべてではないですが、大まかな仕組みとして、ということです。

 

キーワードには、

  1. キーワードの選定
  2. キーワードの使用

という二つの側面があると思います。

 

選定というのは、どのようなキーワードを選ぶかということです。

これは勝手に自分の好きなキーワードを選ぶのでなく、世の中のユーザーが、どのようなキーワードで検索しているかで選びます。

このようなサイトが役に立ちます。

 

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
無料で使えるキーワードリサーチツール。一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる、コンテンツ制作者のためのツールです。読者、視聴者が求める情報を把握してより良いコンテンツ作りを目指しましょう!

 

使い方は至って簡単で、検索窓に単語やフレーズを入れるだけです。

記事のテーマを決めたら、このツールでキーワードを調べて、タイトルを決めたりします。

 

ちなみに、記事のタイトルはSEO的に最重要といわれています。

ですので、単なる思いつきでタイトルをつけたりしないことです。

 

ナカヤン
ナカヤン

でないと、せっかく記事を書いても検索で拾われず、誰も見に来ない、ということもありえるわけです。

 

思いつきはやめましょう、と書いてる私自身がそれをやってしまっていたので、お恥ずかしい限りです。^^;

他の条件もあるので単純に比較はできませんが、キーワードを意識してタイトルを付けなおしたブログが、アクセス(PV=ページビュー:そのブログが何ページ読まれているかのページ数)が100倍になったことは以前記事にしました。

 

【WEBビジネス】アフィリエイトやるなら、無料ブログは早く引っ越そう!?
こんにちは! ナカヤンです! 前回の記事で少し触れましたが、FC2の無料ブログからWordPressに引っ越したブログがあるんです。 そこで学んだ教訓を、今回はひとつ。 実験用の無料FC...

 

ナカヤン
ナカヤン

ですので、やはり決してあなどることなく、真面目にタイトルをつけるべきだと、自分の経験から申し上げます。^^;

 

ここで気になるのは、同じキーワードを多くの人が使うのだから、キーワードを入れても過当競争になるのではないか、ということではないでしょうか。

結論としてはその通りで、なので、

 

  1. 複合キーワード
  2. ズラしキーワード

 

といった手法が使われたりします。

 

複合キーワードとは、複数のキーワードを例えばタイトルに入れるということです。

例えば、今思いつきで、上のgoodkeywordに「お肌」と入れると、上のような結果が出ました。

これによって、「お肌」というキーワードが、どのように検索で使われているかを知ることができます。

 

あなたが「お肌」についての記事を書こうとする場合、上の画像の中にもありますが、タイトルに

お肌 きれい 方法

のように、いくつかのキーワードを入れるのが複合キーワードです。

 

ナカヤン
ナカヤン

じゃあキーワードだけでタイトルをつくればいい、ってうのは無理だと思います。

 

それではタイトルとして意味がわからなくなって、例え検索で引っかかっても、誰もクリックしない→やがては順位落ちして圏外へ、といったことになるでしょう。

 

キーワードを含めつつ、なおかつユーザーさんがクリックしたくなる、魅力的なタイトルにする必要があるわけです。

 

タイトルのキーワードの数としては、2~3個入れられれば上出来ではないでしょうか。

長すぎるタイトルを入れても、検索結果に表示されるのは、33文字までですので、この33文字の中にキーワードを入れて、クリックしたくなるタイトルにする必要があるわけです。

 

で、複合キーワードにしても、やはり同じキーワードで検索する人はたくさんいるはずです。

なので、ここで競争力を上げるために使われる手法に、ズラしキーワードがあります。

これは、あるジャンルに関連するキーワードをズラして使うことです。

 

例えば、今なら「コロナウィルス」がありますよね。

コロナウィルスで検索する人は多いとなれば、そのキーワードでは上位表示されることが難しいことになります。

なので、コロナと関連するキーワードを使う、もしくは加えるわけです。

 

これも思いつきですが(こういう思いつきで決めてはいけません^^;)、例えば「アビガン」とか、キーワードを少しズラしたキーワードを用いたりするわけです。

 

ナカヤン
ナカヤン

本当はキーワードは精査する必要があるわけですが、以上、「超初心者」の方のためのザックリとした説明です。

 

SEOのキーワードとともに「ターゲット」も重要

キーワードに関連して、あなたがつくろうとしているブログ全体にも関わることですが、どのようなユーザーさんをターゲットにするかも重要です。

例えば「お肌」なら、「お肌の曲がり角」のユーザーさんをターゲットにするのか、「ニキビに悩む10代」をターゲットにするのか、といったところです。

 

私の場合はザックリ系のブログをつくる性質があって、あるジャンルの幅広いユーザーさんに来てほしい、という思いがあるわけです。

例えばこのWEBログがそうです。

WEBビジネス全般に関わる情報、というのが趣旨なので。

 

ナカヤン
ナカヤン

私が運営している他のブログもだいたいそうで、なので、ターゲットが記事によって変わったりもします。

 

 

 

そういう場合は、そのターゲットに、どうやったらこの記事が届くのか、でキーワードを考えたりします。

つまり、内容をどういう切り口で提示したら来てくれるかを考えるのです。

 

このように決めたキーワードで記事を書き、タイトルはもちろん、見出しや本文に、そのキーワードを頻出させるようにします。

・・・ていって、これがまだちゃんとできてないんですけどね。^^;

まだ修業中ですね、このへんは。

 

ナカヤン
ナカヤン

場合によっては、トレンドになっているキーワードを見つけて、それに沿った記事を書くやり方もあります。

 

ただ、私の場合は、私が「ユーザーさんに届けたい情報」を優先します。

少しでも自分の知っていることをユーザーさんに提供したいと思ってますので。

これは、どっちがいいというよりも、自分がどっちをやりたいかで決めています。

なので、私のやり方が正しい、ということではありませんので、念のため。

 

ナカヤン流SEOの「キーワード哲学」

以上述べてきましたが、最後に私なりのキーワード哲学を語ってみたいと思います。

私が思うのには、キーワードを含めたSEOって、

あなたの素晴らしいコンテンツが、どうやったら相手に届きやすくなるか

だと思っています。

 

え?

素晴らしいコンテンツじゃない?

 

ナカヤン
ナカヤン

ならば、素晴らしいコンテンツをつくろうじゃありませんか。

 

コンテンツについては、よければこちらをどうぞ。

 

【ビジネスマインド】詳しくなくてもOK?自分の経験をコンテンツにしよう!
こんにちは! ナカヤンです! 前回までに、こんな記事をアップしました。 好評なので、今回もマインド記事を続けたいと思います。 今回は、「自分自身をコンテンツにし...

 

それがつくれたとして、それをより多くのユーザーさんに届けて、役立ててもらいたくありませんか?

そうなると、このテーマを、どういう切り口で提示すれば、より多くのユーザーさんに届けられるのか、って私は考えるわけです。

 

なので、私個人としては、キーワードを含めたSEOっていうのは、ユーザーさんへのサービスの一環であり、もっといえば「思いやり」なんじゃないかと思うわけです。

 

もっといっちゃえば・・・

ってことです。

 

 

ナカヤン
ナカヤン

いや、儲けるためでいいんですよ、ビジネスなんですから。

でも、私はそういう視点をとりたいと思うわけです。

 

 

だって、ひたすらGoogleの顔色や、ユーザーさんの顔色を伺うのって、やってて楽しくないからです。

私自身が楽しんでやれる方法が、この方法だったっていうだけです。

 

なにかのご参考になれば、幸いです。

 

ナカヤン
ナカヤン

ともにがんばりましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました