【ビジネスマインド】ビジネスで一番大事なマインドは「自分を信じる」!

こんにちは! ナカヤンです!

WEBビジネス初心者のナカヤンですが、ビジネスの肝としてマネタイズと集客を挙げてきました。

 

今回は、私が自分の経験から、ビジネスのマインド面において最も重要じゃないかと思うことをお話ししてみたいと思います。

 

ビジネスの前提は、「行動」

これから語る話の核心の前に、まずビジネスの前提としてお話しておきたいことがあります。

それは、

やる

ということです。

 

つまり、行動です。

 

これはビジネスの前提です。

行動しないところに道はないです。

 

ただ頭の中で考えていてもしかたがないですし、「だったらいいなあ」といつまでも夢見ているだけでは一歩の前進もありません。

これは勉強でもなんでもそうだと思いますが、ビジネスの場合は、モロにその「結果」が自分に返ってきます。

 

すなわち、「行動しない結果」がです。

しかも、かなり痛みを伴って返ってきます。^^;

 

 

ナカヤン
ナカヤン

ある意味、だからビジネスはわかりやすいし、極論すれば「やるか・やらないか」だけというところがスッキリしていて、私は好きです。

 

 

ビジネスは、やりながら考え、考えながらやろう!

もちろん、「考える」のは大事です。

戦略もなしに、ただ闇雲にやってうまくいくほどビジネスは甘くないといえます。

ですが、実際に「やる」ことなしに成就するものはありません。

ですので、考えるばかりでやらない人よりも、まずはやってみる人の方が、私はよいと思います。

 

なので、「やりながら考える」「考えながらやる」というのが、特にビジネスでは正解だと私は思っています。

 

ビジネス初心者の私ではありますが、これまでビジネスをやってみたいというような話は数多聞いてきました。

でも、実際にやる人は数えるほどしかいないのが現実です。

それくらい実際に「やる」というのは勇気がいることなのです。

 

ナカヤン
ナカヤン

なので、今実際にビジネスをやっている同志のみなさんには、心からの拍手を送りたいと思います。

 

今どれだけ稼げてるかは別な話。

実際に「やっている」だけで、それは拍手ものだと私は思います。

 

うまくいかなければ、それを批評してくる人間もいるでしょう。

「だから言ったのに」「そんなのうまくいくはずないよ」・・・

 

ほっときましょう、そういう人たちは。

あなたの行動が羨ましいだけです。

 

「やらない」という選択肢も、もちろんあります。

でも、やった結果も、そしてやらない結果も、自分で背負うということです。

 

ナカヤン
ナカヤン

もし、周りのせいでできない、とか言っているようなら、厳しいようですが、ビジネスはあきらめたほうがいいでしょう。

 

最重要のビジネスマインドは、自分を信じること

では、ビジネスを「やる」ことを前提として、ビジネスで一番大事なマインドと私が思うのはなんでしょうか?

 

それはズバリ、

自分自身を信じること

だと思います。

 

ナカヤン
ナカヤン

経験からいいますが、これ、いっちゃん大事だと思います。

 

何度も挫折を経験してきた私も、人生がうまくいかなくて絶望し、うつ病になったこともありました。

本気で自殺すら考えるレベルでした。

その私がつくづく思うのは、自分自身を信じることの大切さです。

 

大丈夫! 俺はできる!! 必ずできる!!!

そう信じ通せることが、「強さ」なのではないかとも思います。

 

自分を信じることと、「俺はこれでいいんだ」「俺のやり方でいいんだ」と傲慢になることは同じではありません。

 

ナカヤン
ナカヤン

自分を信じるというのは、もっとベースの話です。つまり、自分を信じることなしには、なにもできないということです。

 

今、挫けそうなら、

まずは、自分自信を信じてください。

大丈夫! 俺はできる!! 必ずできる!!!

って。

 

自分に足りないと思えることがあるなら、その上で、それに取り組んでください。

というか、まずは自分自身を信じれば、自分になにが足りないのかも、自ずと見えてきたりします。

 

スピリチュアルといわれる分野では、「どんな自分も受け入れて愛する」ということがいわれます。

そうです、今どんなにダメダメな自分でも、そのまま受け入れていいのです。

そして、愛してあげるのです。

そして、信じてあげるのです。

 

そこから、「やる」をスタートさせてみてください。

実際にやってみれば、わかると思います。

これもまた、実際にやらなければわかりません。

 

ナカヤン
ナカヤン

ともにがんばりましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました