【WordPress】ブログの健康診断!サイトヘルスの要チェック解決策!

こんにちは! ナカヤンです!

昨年、WordPressに「サイトヘルス」という項目が追加されました。

これはWordPress 5.2から本格的に導入された機能だそうですが、現在は、ダッシュボードに標準で表示されるようになったようですね。

今回は、私の運営するブログでサイトヘルスから指摘された問題点の解決法を備忘録としてまとめたいと思います。

 

 

サイトヘルスとは

上述のように、WordPress 5.2から本格導入された機能で、サイトのコンディションを診断してくれるツールです。

WordPress 5.4からはダッシュボードを開くと、上の画像のように一番上に表示されるようになっていますが、左メニューのツール>サイトヘルスで開くことも可能です。

 

 

サイトヘルスで指摘された問題点(私の場合)

サイトヘルスは、健全な状態ならば、グリーンで〇が表示されますが、問題があると黄色で表示されます。

サイトヘルスの診断内容を確認するには、「サイトヘルス画面上の~項目をご確認ください」をクリックします。

 

サイトヘルスで指摘される内容はそれぞれのユーザーで異なるのだと思いますが、私が指摘されたのは、以下でした。

 

【2 critical issue(2つの重大な問題)】

  • 更新可能なプラグインがあります
  • 更新可能なテーマがあります

 

【3 recommended improvement(3つの改善が勧められる点)】

  • デフォルトテーマを利用可能にしましょう
  • サイトが古いバージョンのPHP(7.2.30)を実行しています
  • 1つ以上の推奨モジュールが存在しません
  • 予約したイベントが遅れています

 

ナカヤン
ナカヤン

「デフォルトテーマを利用可能にしましょう」が上の画像にありませんが、解決後にスクショしたので、許してください。^^;

 

では、上記の解決法を記しておきます。

解決しなかったものも含まれますので、ご了承ください。

 

更新可能なプラグイン・更新可能なテーマ

これは、更新可能なものを更新すれば、OKです。

 

WordPressに不慣れな方のために、更新の手順を書いておきますね。

更新は、更新可能なものがあるたびにWordPressのダッシュボードに表示されますので、それに従って更新すればOKです。

ただし、更新前に必ずバックアップを取りましょう!

更新によって不具合が生じた場合、復旧するのにバックアップが必要です!

 

左メニューに表示されている「更新」をクリックすると、更新ページが表示され、更新可能なプラグインやテーマが、下の画像のように表示されます。

 

 

それぞれのチェックボックスをクリックし、「プラグインを更新」または「テーマを更新」のタンを押せば、更新が始まります。

 

プラグインとテーマを同時に更新することはできないようですので、どちらか一方をまず更新します。どちらも、チェックボックスをチェックすることで、一括して更新することが可能です。

すべて更新したい場合は、「すべて選択」ですべてにチェックをつけ、「プラグインを更新」もしくは「テーマを更新」を押せばOKです。

 

プラグインは、入れすぎるとWordPress自体が重くなってしまいユーザビリティー上問題があるのと、プラグインが多い分、更新の頻度が増してしまいますので、入れすぎないようにしましょう。大体、多くても15は越えないようにするほうがよいようです。
テーマについては、色々入れていると、これも更新が頻繁になるので、不要なものは削除しておく方がよいでしょう。サイトヘルスでも、使っていないテーマの削除を勧められたりします。ただし、デフォルト・テーマはそのままにしておきましょう。

 

 

ナカヤン
ナカヤン

デフォルト・テーマについては、次で説明します。

 

デフォルトテーマを利用可能にしましょう

最初意味がわからなかったんですが、簡単に解決できました。

デフォルトテーマというのは、WordPressをインストールする際に、自動でインストールされる標準テーマのことでした。

今でいうと、「Twenty Twenty」のようですね。

 

私はテーマにCocoonを使っていますが、Cocoonをインストールして使い始めた時点で、他のテーマはすべて削除したんですね。

なので、「デフォルトテーマを利用可能にしましょう」というのは、「Twenty Twenty」がないので、インストールしておきましょうということだったわけです。

 

したがって、「Twenty Twenty」を再インストールしてみると、サイトヘルス項目から消えました。

インストールしても、有効化する必要はありません。

インストールされているかいないかが重要なようです。

 

 

ナカヤン
ナカヤン

WordPressに不慣れな方のために、テーマのインストール手順を記しておきますね。あ、ちなみにWordPressでいう「テーマ」とは、「デザイン・テンプレート」だと理解しておけばいいと思います。

 

左メニュー:外観>テーマ

 

テーマ画面>新規追加(もしくは、「新しいテーマを追加」)

 

Twenty Twenty>インストール

テーマ「Twenty Twenty」が表示されますので、その上でマウスオーバーして、「インストール」

インストールが終わったら、「インストール済み」と出ますので、これでOKです。

「有効化」はしないままで大丈夫です。

 

「テーマ」画面を確認すると、テーマ「Twenty Twenty」が追加されたのがわかります。

したがって、最初から「Twenty Twenty」を削除しなければ、サイトヘルスで警告されることもありません。

 

 

ナカヤン
ナカヤン

なぜデフォルトテーマが入ってないとダメなのかは、一応調べたのですが、よくわかりませんでした。^^; とりあえずこれで問題ないようなので、これでよしとします。

 

 

サイトが古いバージョンのPHP(7.2.30)を実行しています

PHPとはプログラムのことなので、最初からビビってしまいました。

私はプログラムわからないので、ありゃ~どうすりゃいいの?っていう感じでした。

 

調べてみると、PHPのバージョン変更には、PHPファイルの記述をいじる必要はなく、サーバーのコントロール・パネルから変更できることがわかりました。

「お使いのサーバー会社名 php バージョン変更」で、変更方法が見つけられると思います。

エックスサ-バーと、mixhostの変更方法です。

 

PHPのバージョンについて | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|エックスサーバーでご利用可能なPHPのバージョンについてや、管理ツール上からPHPバージョンを切り替える方法についてご案内しています。
PHPのバージョン変更
mixhostでは、標準でPHP7をご利用いただけますが、PHP7に未対応のアプリケーションを使用する場合などは、下記手順を参考にPHPのバージョンをご変更ください。   PHPのバージョンの変更 ご利用のサーバによって変更方法が違います。   現行プラン(新プラン)サーバをご利用中の方 ドメイン単位でPHPのバージョ...

 

 

ナカヤン
ナカヤン

実際にmixhostの変更手順を書いておきますね。

やってみたら、実に簡単でした。

 

 

mixhostのコントロールパネルにログイン

 

ソフトウェア>MultiPHP マネージャー

スクロールして、ソフトウェア>MultiPHP マネージャーで、MultiPHP マネージャーを開きます。

 

上の画像で、「Warning(注意・警告)」には、「PHP 5.4、PHP 5.5、PHP 5.6、PHP 7.0、 PHP 7.1のバージョンは、非推奨(deprecated)」であり、「サポートされているPHPのバージョンに更新をお勧めします。詳しくは、PHPのドキュメンテーションをお読みください」と書いてあります。

読んでもわからないと思うので、スルーします。^^;

 

PHPバージョンの変更

「MultiPHP マネージャー」の画面で、上の画像のような一覧があります。

ドメインごとにPHPのバージョンが表示されています。

左のチェックボックスにチェックを入れて、PHPを変更したいドメインを選びます(複数選択可)。

 

上の画像右側の「PHPバージョン」には、ドロップダウンで左画像のようにPHPバージョンが表示されていますので、最新のPHP 7.3を選んで、「適用」を押します。

 

「inherit」とは、上の画像中央の「PHPバージョン」にある「継承」だと思いますが、よくわからないのでスルーです。^^;

 

変更されると、画面に上のような表示が出て、変更完了です。

 

ナカヤン
ナカヤン

お疲れ様でした!

 

【未解決】1つ以上の推奨モジュールが存在しません

これは結局のところ、よくわかりませんでした。

「パフォーマンス」を押すと、「imagickというモジュールがインストールされていないか、無効化されています。」なる説明が出ました。

 

調べると、ImageMagicという画像処理ライブラリを使用する際に関わるモジュールとのことで、なにやらサッパリ意味がわかりません。

 

imagickを使うためにImageMagickの最新版をインストールする話 - Qiita
なんやらかんやら指摘していますが非常に浅い領域の話なので熟練者はスルーしてください はじめに 個人的にLAMP環境でImageMagickを使った開発が多いのだが資料が少ない&古い。 毎回LAMPのセットアップでコケる要因がこの...

 

ナカヤン
ナカヤン

下手にいじると恐いので、スルーしました。

 

【未解決】予約したイベントが遅れています

これはどうやら、Cronという、予約した投稿や自動バックアップを実行させるプログラムに関するもののようですが、これもよくわかりませんでした。

なので、スルーしました。

 

以上、サイトヘルスで指摘された項目について、解決・未解決を含めてまとめてみました。

 

ナカヤン
ナカヤン

なにかのお役に立てば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました