【絶対に身につけたいビジネス/スキル】モノを売る力=マーケティング力

こんにちは! ナカヤンです!

最近、「モノを売る力」を鍛えられてる、って実感することが多々ある私です。

今回は、そのお話です。

 

ビジネスの師匠の指摘に毎回舌を巻く

「モノを売る力」を鍛えられてるっていうのはどういうことかっていうと、私が運営してるあるブログで、いろいろ営業をかけてるんですよね。

そのための広告を独自につくったりしてるんです。

業者さんへの営業だったり、ブログのコンテンツとは別のコンテンツをつくって、有料で販売しよう、とか。

 

それらを、私のビジネスの師匠にアドバイスもらいながら、やってるわけです。

ヒントをもらったら、まずは自分で考えてみるわけです。

で、「とりあえず、こんな形」っていう形にするのが私のやり方なんですよね。

 

人によっては、紙の上で細かくシュミレーションしたりして、その上でやるっていう人も知り合いにいます。

でも、私の場合は頭悪いんで、実際にやりながらじゃないと、なにを考えなきゃいけないのかさえわからないんですよね。

 

ナカヤン
ナカヤン

なので、とりあえず、ザックリとでも形にしてみるっていうのを、いつもやっています。

 

で、形になったものを師匠にチェックしてもらったりします。

そうすると、「ここはこうしたほうがいい」みたいなアドバイスをもらうわけなんですよね。

毎回書いてますけど、その指摘の鋭さに、舌を巻くというか溜息が出るというか。

 

「ここの文言はこうしたらいい」「こういうキーワードを加えたらいい」のように、アドバイスをもらうわけです。

で、その通りに直してみると、

これがまるで違うんですよね、最初と。

 

ナカヤン
ナカヤン

画像なんかも、私はアドビのイラストレーターやフォトショップでつくるんですが、それも指摘を受けるわけです。

 

「トップに~のような文言を入れた画像をバーンと出しましょう」「この画像は、わかりにくいんで、こう変えたほうがいい」みたいな。

 

そのように変えてみると、これが

まるでインパクトが違うんですよね。

悟空がスーパーサイヤ人になるような違いです。

いや~さすがだなあ、って、毎回唸らせられてるわけです。

 

ビジネスでモノを売る力=マーケティング力

で、これら一連のことっていうのはなにかっていうと、結局「いかにモノを売るか」なんですよね。

それを、めっちゃ鍛えられてるっていう気がするわけなんです。

 

いかにいいコンテンツつくっても、売り方がわからなかったら売れないわけじゃないですか。

なので、今師匠に鍛えてもらってることっていうのは、ビジネスの上でめっちゃ大事なことなんだな、って実感してるんですよね。

 

ナカヤン
ナカヤン

結局、これさえ身につければ、極論すれば、何だって売れるっていうほどのスキルなんだと思うわけです。それを持ってるっていうのが師匠の強みだし、羨ましいところなんですよね。

 

少し前に「マネタイズ」っていうのがビジネスの肝だと思う、っていう記事を書いたんですが、この「モノを売る力」こそが、マネタイズを支えるものなんじゃないかなあって思えるんですよね。

 

【WEBビジネス】「マネタイズ=サービスをどうお金に換えるか」が超大事!
こんにちは! ナカヤンです! 私は整体師の仕事からWEBビジネスに転身しました。 それ以前にも、勤めていた団体を辞めたとき、ものすごく生活に困った経験があります。 そんな経験の中で、私が「絶対にこれを身につ...

 

つまりそれは、「マーケティング力」ではないかと。

 

結局、マネタイズの「手法」っていうのは、いろいろあると思うんですよ。

物販だったりアフィリエイトだったりですね。

 

ナカヤン
ナカヤン

でも、それらすべてに共通して必要とされるスキルが、「モノを売る力」なんじゃないかなあって思った次第です。

 

ビジネスやるなら絶対に身につけたい、「モノを売る力」

こういう言い方はよくないかもしれないんですが、私の師匠が発揮する「モノを売る力」って、例えば会社で営業してます、っていう人とは違うと感じるんですよね。

それは、やっぱり、人に雇われないで自分でやってる人との違いじゃないかと思うわけです。

 

失礼な言い方になっちゃいますけど、それくらい、私の師匠の指摘には、「次元の違う凄さ」を感じるんですよね。

会社で営業やってます、っていう人でも、これはおいそれとできないのではと思います。

 

例え会社で営業マンでも、明日職を失って、自分の力で「よし、稼ごう」ってできるかっていったら、やっぱりむずかしいとおもうんですよね。

でも、私の師匠は、間違いなくできるでしょう。

 

で、考えてみるに、こういう「モノを売る力」がある人が、私の周りにどれだけいたか。

 

 

ナカヤン
ナカヤン

いないんですよ、これが。

おそらくは、一人もです。

 

 

上のリンク記事に、私が困ったときに、精神論じゃなくて「ビジネスの答え」をくれる人が一人もいなかったって書きましたけど、結局は、この「モノを売る力」がないっていうことなんだなって思うわけです。

つまりは、マーケティング力がない。

 

私の周りに対して、恨みつらみをいいたいんじゃないです。

それくらいこれが核心だし重要なものなんだっていうことがわかったし、それくらい身につけてる人が少ないってわかったわけです。

言葉を変えていうなら、これを身につけてるライバルが少ないってことです。

 

だったら、これを身につけるっきゃない。

そう思うわけなんです。

 

ナカヤン
ナカヤン

てか、ははあ、コレを身につければいいんだな、ココが自分との違いなんだな、って思ってやってます。

 

「集客」と同時に、今私が最も身につけたいビジネス力。

それが「モノを売る力」=マーケティング力。

これさえあれば、ビジネスで困ることって、そうはないと思うんですよね。

 

なので、師匠にガンガン鍛えてもらいながら、是が非でもこの「モノを売る力」を自分のものにしたいって思ってます。

 

ナカヤン
ナカヤン

ともにがんばりましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました